メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Workflows

ワークフローの登録に関するトラブルシューティング

更新日時 2022年 4月 1日

対象製品

Marketing Hub Professional, Enterprise
Sales Hub Professional, Enterprise
Service Hub Professional, Enterprise
Operations Hub Professional

ワークフローにレコードが予期せず登録されたり、登録されなかったりする原因として考えられるものを検討します。 

ワークフローのエラーを解決したい場合、代わりによくあるワークフローエラーのトラブルシューティング方法を学びましょう。   

ワークフローに登録されないレコード

ワークフローにレコードが登録されない一般的な理由と、その解決のための典型的な手順を以下に示します。

理由 解決までの手順
ワークフローがオンになっていない レコードはオンになっているワークフローにしか登録できません。ワークフローをオンにするには
  • ワークフローエディターの右上にある、「レビューと公開」をクリックします。
  • 次に、「オンにする」をクリックします。右上の「ワークフローがオン」スイッチがオンになります。

 

レコードがワークフローの登録トリガー条件を満たしていない レコードがワークフローの登録トリガーを満たしているかどうかを確認する。トリガーにAND や OR のロジックがある場合は、必ず確認してください。また、ワークフローエディタで、ワークフローの登録トリガーに対してレコードをテストすることができます。

レコードはワークフローがオンになった時点でワークフローの登録トリガーを満たしていたが、既存のコンタクトが登録済みに設定されなかった ワークフローをオンにする際、オプション「いいえ、ワークフローをオンにした後、トリガー条件を満たす企業のみを登録します」が選択されました。その結果、今後登録されるトリガーを満たすレコードのみがワークフローに追加されます。

レコードがワークフロー登録解除の対象になった レコードのオブジェクトタイプによっては、以下のような場合、登録の時点で自動的に登録が解除されることがあります。
オブジェクトは過去にワークフローに登録されていたが、再登録が有効になっていない

既定では、オブジェクトがワークフローに登録されるのは、ワークフロー登録トリガー条件を初めて満たした時点、または手動で登録された場合のみです。

オブジェクトが以前にワークフローに登録され、再登録が有効でない場合、ワークフローの最初の登録トリガーに再び合致すると、ワークフローに登録されなくなる。

再登録を可能にするために、ワークフローに再登録のトリガーを追加します。

 

ワークフローに予期せず登録された記録

以下は、レコードが予期せずワークフローに登録される一般的な理由と、今後これを防ぐ方法です。

理由 解決までの手順
登録トリガーにORロジックが含まれている ワークフローの登録トリガーに ORロジックが含まれている場合、レコードは登録トリガーの1つのセットを満たすだけで登録の資格を得ることができます。

たとえば、ワークフローに次の登録トリガーが設定されているとします。

  • ライフサイクルステージがいずれかの顧客である

    OR
  • いずれかのページ上で顧客アンケートフォームが記入されている

ライフサイクルステージが顧客となっているコンタクトは、フォームに記入していなくても、ワークフローに登録されます。

このようなコンタクトが登録されないようにするには、条件をOR演算子ではなくAND演算子で区切る必要があります。ANDとOR条件の詳細をご確認ください。

Enrollment triggers include は、以下のいずれかを含まないか、またはいずれかと等しくない(コンタクトベースのワークフロー)。 コンタクトベースのワークフローで、doesn't contain any ofまたはis not equal to any ofフィルターを使用すると、選択したプロパティに指定された値を持たないコンタクトが登録されます。プロパティが空白の場合、登録トリガーを満たすことになる。これは、関連会社など、コンタクトに関連する記録にも適用されます。

これは特に、登録のために分析または関連プロパティを使用するワークフローに影響を与える可能性があります。
  • 作成日
  • IPの国
  • オリジナルソース
  • 関連付けられているコンタクト

アナリティクスと関連プロパティーはほぼ瞬時に処理されて、その値が入力されます。したがって、HubSpotがプロパティーに値を設定する前にワークフローの登録が行われる可能性があります。たとえば、ワークフローでIP Country が United States のいずれかと一致しないトリガーに基づいてコンタクトを登録する場合、HubSpot がプロパティにUnited Statesという値を設定する前に、値がないコンタクトが登録される可能性があります。

プロパティーに値が指定されていないコンタクトがワークフローに登録されないようにするには、次のようにします。

  • 登録トリガーエディタで、doesn't contain any of filterの下にAND条件を追加します。 
  • フィルタリングするプロパティと同じものを選び、その中からが知られているフィルタを使用します。
  • フィルタの適用]をクリックします。

登録のきっかけは不明  登録トリガーは、指定されたプロパティに値がないレコードを検索するunknownです。

HubSpotによって自動的に入力されるプロパティを使用する場合、意図しない登録が行われることがあります。HubSpotはプロパティーの値をほぼ瞬時に入力しますが、入力前にワークフローの登録が行われる可能性もあります。

同様の問題を回避するために
Was this article helpful?
This form is used for documentation feedback only. Learn how to get help with HubSpot.