お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Contacts

レコードにコール、Eメール、またはミーティングのログを手動で記録する

更新日時 2020年 10月 22日

HubSpotでは、ミーティングをセットアップしたり、電話したり、コンタクトとの1対1のEメールを送信したりできます。これらのアクティビティーは自動的にレコードに記録されます。

ただし、HubSpotの外部でコンタクトと関係を構築する場合(レコードで予約していなかったクライアントと急遽ミーティングを行った場合など)は、手動で任意のレコードにアクティビティーを記録できます。

デスクトップにコール、Eメール、またはミーティングのログを記録する

  • HubSpotのアカウントで、レコードに移動します。
  • レコードの名前をクリックします。
  • 左側のパネルで、ログアイコンaddをクリックして追加します。 
  • ログに記録するアクティビティータイプを選択します。
    • コールをログに記録する場合は、[コールの成果]ドロップダウンメニューをクリックしてコールの成果を分類し、[タイプ]ドロップダウンメニューをクリックしてコールの目標を分類します。コールタイプを作成する方法を確認してください。

log-a-call

    • ミーティングをログに記録する場合:
      • 他の人をミーティングに追加するには、[参加者]ドロップダウンメニューをクリックして、[ユーザー]を選択します。
      • ミーティングの成果を分類するには、[成果]ドロップダウンメニューをクリックして、[成果]を選択します。
      • ミーティングの目標を分類するには、[タイプ]ドロップダウンメニューをクリックして、そのタイプを選択します。ミーティングタイプを作成する方法を確認してください。

log-a-meeting

  • アクティビティーの日時を更新するには、[日付]ドロップダウンメニューと[時間]ドロップダウンメニューをクリックします。
  • 下部のツールバーで、テキストを書式設定したり、スニペット、リンク、または画像を挿入したりするためのアイコンをクリックします。 
  • アクティビティーが、[関連付け]ドロップダウンメニューで選択されたレコードのタイムラインに表示されます。[関連付け]ドロップダウンメニューをクリックしてアクティビティーと関連付けるレコードを検索して選択するか、レコードを選択解除してアクティビティから分離します。
  • [アクティビティーをログ記録]をクリックします。これで、アクティビティーがレコードのタイムラインに表示されます。

HubSpotモバイルアプリでコメント、アクティビティー、またはタスクをログに記録する

  • デバイスでHubSpotアプリを開きます。
  • 一番下のナビゲーションメニューで、[コンタクト]をタップします。
  • コンタクトレコードにコメント、アクティビティー、またはタスクを記録するには、コンタクトの名前をタップします。会社レコードにコメント、アクティビティー、またはタスクを記録するには、[会社]タブをタップしてから、会社の名前をタップします。
  • [タイムライン]タブで、[コメント、アクティビティー、またはタスクを追加]をタップします。
  • コメント、アクティビティー、またはタスクの詳細を入力します。Androidデバイスでモバイルアプリを使用している場合は、スニペットを使用して、短い再利用可能なテキストのブロックをアクティビティーの詳細に簡単に入力することができます。 
  • [保存] をタップします。コメント、アクティビティ、またはタスクは、レコードのタイムラインに表示されます。