Tickets

HubSpotの既定のチケットプロパティー

更新日時 November 12, 2018

対象製品

Service Hub
service-pro-enterprise
Professional, Enterprise

HubSpotでは、新しいチケットの作成に必要な詳しい情報を取得するため、既定のチケットプロパティーを多数設定しています。自社のビジネスニーズに応じた情報を取得するため、カスタムのチケットプロパティーを作成することもできます。

詳しくは、コンタクトの既定のプロパティー会社の既定のプロパティー取引の既定のプロパティーについての説明を参照してください。

チケット情報

  • [Category(カテゴリー)]―顧客がヘルプを求めた主な理由。
  • [Close date(クローズ日)]―チケットがクローズされた日付。
  • [Create date(作成日)]―チケットが作成された日付。
  • [First agent response date(初回エージェント応答日)]―エージェントからの最初の応答があった日付。
  • [HubSpot team(HubSpotチーム)]―チケット担当者と関連のあるチーム名。
  • [Last activity date(最終アクティビティー日)]―コメント、電話、Eメール、ミーティング、タスクが最後にチケットに記録された日付。
  • [Last contacted date(最終連絡日)]―電話、Eメール、ミーティングが最後にチケットに記録された日付。
  • [Last customer reply date(最終顧客応答日)]―顧客が最後に応答した日付。
  • [Last modified date(最終変更日)]―チケットのいずれかのプロパティーが最後に変更された日付。
  • [Next Activity Date(次回のアクティビティ日)]―コンタクトへの次回のアクティビティ日。これはコンタクトレコードに記録されたユーザーアクションに基づき、HubSpotによって自動的に設定されます。
  • [Number of times contacted(連絡回数)]―コンタクトへの電話、Eメール、ミーティングが記録されている回数。これはコンタクトレコードに記録されたユーザーアクションに基づき、HubSpotによって自動的に設定されます。
  • [Owner Assigned Date(担当者割当日)]―HubSpotでの担当者が直近でコンタクトに割り当てられた日付。これはHubSpotによって自動的に設定され、セグメンテーションやレポートに使用できます。
  • [Pipeline(パイプライン)]―当該チケットを含むパイプライン。
  • [Priority(優先度)]―当該チケットに対して必要な注意度。
  • [Source(ソース)]―チケットの作成元となったチャネル。
  • [Ticket description(チケットの説明)]―当該チケットの問題の詳しい説明。
  • [Ticket id(チケットID)]―当該チケットに固有の識別番号。このフィールドは自動的に設定され、編集できません。
  • [Ticket name(チケット名)]―チケットの概略。 
  • [Ticket owner(チケット担当者)]―チケットの担当者。
  • [Ticket status(チケットのステータス)]―当該チケットが位置するパイプラインステージ。
  • [Time to close(クローズまでの時間)]―チケットの作成からクローズまでの時間。
  • [Time to first agent reply(初回エージェント応答までの時間)]―チケットが作成されてからエージェントが最初に応答するまでの時間。