Workflows

会社、取引、チケットまたは見積もりベースのワークフローを作成する

更新日時 2020年 10月 19日

対象製品

Marketing Hub  Professional, Enterprise
Sales Hub  Professional, Enterprise
Service Hub  Professional, Enterprise

会社ベース、取引ベース、チケットベースまたは見積ベースのワークフローを作成し、オブジェクトや関連するレコードを登録して、それらに対するアクションを実行します。

ワークフロータイプは次のサブスクリプションで利用可能です。

  • チケットのワークフロー:Service Hub ProfessionalおよびEnterprise
  • 取引のワークフロー:Sales Hub ProfessionalおよびEnterprise
  • 見積もりのワークフロー:Sales Hub Enterprise
  • コンタクトと会社のワークフロー:すべてのProfessionalおよびEnterpriseコンタクトベースのワークフローを作成する方法を説明します。

作成する

  • HubSpotアカウントにて、[自動化] > [ワークフロー]の順に進みます。
  • 右上[ワークフローを作成] をクリックします。
  • 左側のパネルで、最初からワークフローを最初から開始するか、テンプレートから開始するかを選択します。
    • 最初から開始: 空白のワークフローで開始するには、[最初から開始]タブをクリックします。左のパネルで、ワークフロータイプとして[会社ベース][取引ベース]、[チケットベース]または[見積もりベース]を選択します。

      workflow-builder-from-scratch-tab
    • テンプレート: 登録トリガーとアクションの既定のセットから開始し、[テンプレート] タブをクリックします。左側のパネルで、[タイプ]ドロップダウンメニューを使用してテンプレートをフィルタリングするか、検索フィールドを使用してテンプレートを検索することができます。テンプレートを選択して、右側の登録トリガーとアクションをプレビューします。

      workflow-builder-template-select-tab
  • 鉛筆アイコンeditをクリックして、ワークフローに名前を付けてから、[ワークフローを作成]をクリックします。 

登録とアクション

  • ワークフローエディターで、[登録トリガーを設定] をクリックします。ワークフローで登録トリガーを設定する方法を確認してください。
  • 右側のパネルで、[トリガー]タブを選択し、 登録トリガーのフィルタータイプ を選択します。条件を設定し [フィルターを適用]をクリックします
  • 既定で、オブジェクトは初めて 登録トリガーを満たしたときにだけワークフローに登録されます。ワークフローに再登録トリガーを追加する方法を説明します。
    • 再登録を有効にするには[再登録]タブをクリックします。。
    • クリックして [再登録 スイッチ]をオンにします。
    • 再登録に使用する トリガー を選択します。
  • 必要に応じて、さらに登録トリガーを追加します。
  • 完了したら、[保存] をクリックします。

enrollment-trigger-company-deal-workflow

  • プラスアイコン + をクリックしてワークフローアクションを追加します。
  • 右のパネルで、アクションを選択します。ワークフローアクションを選択する方法を確認してください。

  • アクションの詳細をセットアップしてから、[保存] をクリックします。
  • プラスアイコン + をクリックして、さらにワークフローアクションを追加します。


設定

  • ワークフロー設定を編集するには、[設定]タブをクリックします。
  • 既定では、ワークフローアクションはいつでも実行されます。アクションを実行できる時間を指定するには、[特定の時間]を選択します。
    • アクションを実行する日付(複数可)を選択。
    • 選択された各日付でドロップダウンメニューを使用して、各日付におけるアクションを実行する時間の範囲を指定します。
workflow-specific-times
  • 特定の条件を満たすワークフローからレコードを登録解除するには、[登録解除と除外]をクリックします。ワークフローで登録解除トリガーを設定する方法を説明します。

    • 右側のペインで、登録解除トリガーのチケットまたは関連付けられたレコードプロパティを選択します。条件を設定し [フィルターを適用]をクリックします
    • 必要に応じて、さらに登録トリガーを追加します。完了したら、[保存] をクリックします。

ワークフローを有効にする

  • ワークフローを有効にする準備ができたら、右上の[確認]をクリックします
  • 既存のオブジェクトを登録する場合は次のように選択します:
    • ワークフローが有効になった後に登録トリガーのみを満たすオブジェクトを登録するには、 「いいえ、ワークフローを有効にした後にトリガ条件に一致するオブジェクトのみ登録する]を選択します
    • 登録トリガーに一致する既存のオブジェクトを登録するには、「はい、現在トリガ条件に合致する既存の[オブジェクト]を登録する]を選択します

  • ワークフロー設定を確認し、[有効にする]をクリックします。
  • ダイアログボックスで 、[はい、有効にする]をクリックします。