メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Integrations

Salesforce連携 | FAQ

更新日時 2022年 3月 31日

対象製品

Marketing Hub Professional, Enterprise
Sales Hub Professional, Enterprise
Service Hub Professional, Enterprise
Operations Hub Professional, Enterprise
CMS Hub Professional, Enterprise

HubSpotとSalesforceの連携に関する回答や全般的な情報を素早く見つけることができます。

コネクターパッケージのバージョン3.0に関する簡単な回答については、次の記事を参照してください:「HubSpot-Salesforce Connector Package v3.0 | Frequently Asked Questions(HubSpotとSalesforceのコネクターパッケージv3.0 | よくある質問)」


インストール

HubSpotとSalesforceの連携ではSalesforce Government Cloudがサポートされていますか?

はい、HubSpotとSalesforceの連携ではSalesforce Government Cloudがサポートされており、接続できます。

 

HubSpotとSalesforceの連携ではSalesforce Group Editionがサポートされていますか?

いいえ、HubSpotとSalesforceの連携ではSalesforce Group Editionがサポートされていません。この連携ではAPIアクセスとSalesforce Professionalが含まれるSalesforceエディションがサポートされています。

 

複数のHubSpotアカウントを1つのSalesforce環境に連携できますか?

HubSpot-Salesforceコネクターがバージョン2.60以上の場合、複数のHubSpotアカウントを1つのSalesforce環境に連携できます。すでに1つのHubSpotアカウントをSalesforce環境と連携している場合、2つ目のHubSpotアカウントでも同じ手順に従ってSalesforce連携をインストールできます。

ご注意:複数のHubSpotアカウントを1つのSalesforce環境に連携している場合、[HubSpotでのコンタクトの作成]設定[HubSpotコンタクトを自動的に作成しない]を選択することをお勧めします。他のいずれかのオプションを選択した場合、1つのHubSpotアカウントによって作成されたSalesforceのリードまたは取引先責任者によって他のHubSpotアカウントでコンタクトが作成されることがあります。


同期

どのHubSpotコンタクトがSalesforceに同期されますか?

既定ではすべてのHubSpotコンタクトがSalesforceに同期されます。ただし、HubSpotでインクルージョンリストを作成した場合、インクルージョンリストの条件を満たすコンタクトのみがSalesforceに同期されます。

2017年6月22日に、インクルージョンリストがないすべてのSalesforceと連携されたHubSpotアカウント用の既定のインクルージョンリストが作成されました。このリストは「Salesforceインクルージョンリスト(既定)」と名付けられ、[ライフサイクルステージ][サブスクライバー]のコンタクトを除くすべてのコンタクトが含まれています。2017年6月22日より後に作成またはSalesforceと連携されたHubSpotアカウントには既定ではインクルージョンリストが含まれておらずすべてのコンタクトがSalesforceに同期されます。

ご注意:連携設定で新しいSalesforceのリードまたは取引先責任者がHubSpotコンタクトを作成するように設定されている場合、HubSpotコンタクトが記載されていないインクルージョンリストがセットアップされていても、Salesforceのリードまたは取引先責任者が作成されたときにHubSpotで対応するコンタクトの作成または重複削除が行われます。HubSpotまたはSalesforceからコンタクト/リードをさらに更新しても、もう一方のプラットフォームには同期されません

 

HubSpotとSalesforceの連携では重複レコードが処理されますか?

HubSpotでは自動的にEメールアドレスを基準にSalesforceのリード/取引先責任者の重複削除を行いますHubSpotによる重複したSalesforceのリードまたは取引先責任者の管理についてもっと詳しく。

HubSpotでは関連付けられたコンタクトを基準にSalesforceの取引先(HubSpotの会社)の重複削除を行います。このリレーションが確立されると、HubSpotの会社は別のSalesforceの取引先に同期されなくなります。例えば、HubSpotの会社に関連付けられたコンタクトが別のHubSpotの会社に関連付けられた場合、新しいHubSpotの会社の対応するSalesforceの取引先に関連付けられます。元のHubSpotの会社は他の会社の対応するSalesforceの取引先には同期されません

HubSpotではSalesforceの商談(HubSpotの取引)の重複削除が行われません

Salesforceで重複レコードを管理する方法をご確認ください。

 

Salesforceの個人取引先はHubSpotに同期されますか?

はい、Salesforceの個人取引先をHubSpotに同期できます。法人取引先とは異なり、個人取引先はSalesforceに関連付けられた取引先を持つことができません。代わりに、特定のレコードタイプIDを使用して取引先と取引先責任者を同じレイアウトで保存します。

個人取引先が作成されると、Salesforceではバックグラウンドで取引先責任者も作成します。Salesforceでは取引先責任者が直接表示されない場合でも、個人取引先が有効になっていると(SalesforceがHubSpotで取引先責任者を作成するように設定されていて取引先同期有効になっている場合)、HubSpotでは一意の会社とコンタクトレコードが作成されます。個人取引先の名前はHubSpotのコンタクト名とHubSpotの会社名の両方に同期されるため、個人取引先の名前でHubSpotの会社が存在するものと想定されます。

HubSpotでは、HubSpotで新しいコンタクトが作成されたときにSalesforceで個人取引先を作成することはできません。HubSpotがHubSpotで新しいコンタクトが作成されたときにSalesforceで新しいリードを作成するように設定されている場合、[会社]フィールドの値がない場合に限り、Salesforceで新しいリードを個人取引先にコンバージョンできます。[会社]フィールドに値があるリードは法人取引先にコンバージョンされます。

 

一部のHubSpotのアクティビティーで重複するSalesforceのToDoが作成されるのはなぜですか?

コンタクトがHubSpotアカウントから送信されたマーケティングEメールを開封またはクリックするたびに、HubSpotではオブジェクト レコード タイムラインの各タイプのアクティビティーの重複削除が行われます。これらのEメールアクティビティーがSalesforceに同期されるようにセットアップしている場合は、対応するSalesforceのToDoがHubSpotのEメールイベントAPIを通じて作成され、このAPIではアクティビティーの重複削除が行われません

  • コンタクトがマーケティングEメールを複数回開封するか、クリックした場合には、複数のSalesforceのToDoが作成されます。
  • コンタクトがマーケティングEメールを他の受信者に転送した場合には、以降のEメールの開封およびクリックは元のコンタクトに関連付けられ、さらにSalesforceのToDoが作成されます。

 

[ライフサイクルステージ]プロパティーがSalesforceに表示されないのはなぜですか?

[ライフサイクルステージ]既定のHubSpotコンタクトプロパティーであり、Salesforceには存在しません。ライフサイクル ステージ データをSalesforceに同期するには、Salesforceでカスタム項目を作成してからHubSpotでフィールドマッピングを作成してください。

 

コンタクトの[会社名]プロパティーがSalesforceと同期されないのはなぜですか?

コンタクトの[会社名]プロパティーがHubSpotとSalesforceの間で同期されていない場合、理由としてHubSpotのコンタクトがSalesforceのリードではなくSalesforceの取引先責任者と同期されていることが考えられます。

  • Salesforceのリードには[会社名]テキスト項目があります。
  • Salesforceの取引先責任者では[取引先名]参照項目が関連付けられた取引先レコードにリンクされています。

Salesforceの[取引先名]項目は参照項目であり、HubSpotの[会社名]プロパティーは1行のテキスト フィールド タイプです。[会社名][取引先名]項目種別が異なるため、HubSpotの同じプロパティーと同期することはできません。 

HubSpotのコンタクトがSalesforceの取引先責任者と同期した場合、HubSpotの[会社名]プロパティーはSalesforceと同期されません。ただし、取引先同期を有効にしている場合、Salesforceの取引先責任者の関連付けられた取引先は対応するHubSpotのコンタクトの関連付けられた会社と同期されます。これらの関連付けられた会社プロパティーはHubSpotのリストおよびCRMフィルター、ワークフロー、コンテンツのパーソナライズで使用できます。

 

Eメールの配信解除ステータスはHubSpotとSalesforceの間で同期されますか?

はい。HubSpotとSalesforceの連携をインストールすると、HubSpotコンタクトプロパティーの[すべてのEメールを配信解除済み]とSalesforceリード/取引先責任者の[メール送信除外]項目を同期する標準のフィールドマッピングが自動的に作成されます。このフィールドマッピングは、CAN-SPAM法に準拠した変更や削除はできません

  • コンタクトがHubSpotアカウントでEメールコミュニケーションを配信解除されるか、Salesforceのリードまたは取引先責任者レコードで[メール送信除外]チェックボックスがオンになると、もう一方のシステムが更新されます。
  • コンタクトがHubSpotで[配信解除済み]とマークされている場合、Salesforceのリードまたは取引先責任者レコードで[メール送信除外]チェックボックスをオフにしても、Eメールコミュニケーションに配信再登録されません。コンタクトがHubSpotアカウントから送信されるマーケティングEメールを再び受信するには自分でアクションを実行する必要があります。
  • コンタクトが現在HubSpotとSalesforceの間で同期されていない場合(例えば、Salesforceのインクルージョンリストがセットアップされているが記載されていない場合)、Eメールのオプトアウトステータスはコンタクトが最初に同期されるまで、一方のシステムから渡されません。

 

Salesforce取引先の[成立]商談によってHubSpotのコンタクトは顧客に転換されますか?

[成立]とマークされたSalesforce取引先の商談について、関連付けられたHubSpotのコンタクトのライフサイクルステージを[顧客]に変更するには、HubSpotで次の設定を有効にする必要があります。

さらに、取引先責任者の役割を通じて取引先責任者の1件以上のSalesforceの取引先責任者を商談に関連付ける必要があります。取引先は関連付けられているが、取引先責任者が関連付けられていないSalesforceの商談は、HubSpotのコンタクトのライフサイクルステージに対して影響を与えません。

Salesforce所有者

HubSpotではSalesforce所有者をどのように特定しますか?

HubSpotでは次の場合にSalesforceの標準PowerPartnerゲストキューユーザーをSalesforce所有者として特定します。

  1. SalesforceからHubSpotにインポートされている。
  2. SalesforceユーザーがHubSpotに同期されるリード、取引先責任者、取引先、または商談レコードを所有している。

 

Salesforce所有者の情報はどのようにHubSpotに同期されますか?

既定では、Salesforceのリード、取引先責任者、取引先、または商談レコードの[所有者ID]項目は、HubSpotの[コンタクト/会社/取引担当者]プロパティーに同期されます。

任意のSalesforce所有者をHubSpotに同期できますが、Salesforceに同期されるのはHubSpotで有効なSalesforceユーザーの名前とEメールアドレスに一致する所有者のみです。HubSpotがSalesforceに存在しない所有者を同期しようとした場合、[所有者ID]項目はSalesforceからの最後の値にリセットされます。

Salesforce所有者をSalesforceに同期されるHubSpotのコンタクト、会社、または取引に割り当てる方法についてもっと詳しく。

Was this article helpful? *
This form is used for documentation feedback only. Learn how to get help with HubSpot.