メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Lists

リスト条件を決定する

更新日時 2021年 9月 21日

対象製品

すべての製品とプラン

リストを使用すると、共通する特徴によってコンタクトと会社を整理できます。フィルタリングオプションを理解したら、条件を設定して、ビジネス目標の達成に役立つリストを作成できます。リストには最大250個のフィルターを追加できます。

リストのタイプとHubSpotサブスクリプションに応じて、以下のフィルタータイプの中から選択できます。

コンタクトベースのリスト 会社ベースのリスト

リスト条件を選択して組み合わせる

条件を選択する前に、フィルターオプションを選択して、複数の条件を使用してレコードをセグメント化する方法を学習します。これらのフィルターを適切に使用すると、目標に合った正しいレコードを取得することができます。

フィルターオプションと条件を選択する

フィルタータイプを選択したら(例:コンタクトのプロパティー、フォーム送信)、プロパティー値(例:[ライフサイクルステージ]プロパティー)またはアクティビティー(例:特定のフォームへの送信)によってセグメント化できます。次に、フィルターオプションを選択して、この値またはアクティビティーと、リストのレコードとの関係を指定できます。フィールドタイプに応じてオプションと条件を選択する方法を学習します。

ANDおよびORロジックを使用する

リスト条件を組み合わせて、より具体的な方法でレコードをフィルターすることもできます。

  • 一連のリストフィルター内のすべての条件を満たすオブジェクトを指定する場合は、ANDロジックを使用します。

  • 一連のリストフィルター内の条件のうち、少なくとも1つの条件を満たすオブジェクトを指定する場合は、ORロジックを使用します。

たとえば、新しいリードや、ウェブサイトでフォームに入力したすべてのコンタクトにマーケティングEメールを送信するとします。これらのコンタクトを収集するには、特定の期間にリードになり、かつ、そのEメールアドレスが既知であるコンタクト、または、フォーム送信によってコンバージョンしたコンタクトのリストを作成します。

and-or-logic-list-filters

HubSpot内でANDおよびORロジックを使用するその他の方法の詳細を参照してください。

リストのフィルタータイプと条件

オブジェクト、アクティビティー、商品項目、または見積もりプロパティー

コンタクト会社取引アクティビティー、または商品項目プロパティーに基づいて、リストの条件を設定できます。会社リストは、チケットのプロパティーまたは関連する見積もりのプロパティーに基づいてセグメント化することもできます。

指定できる条件の例:

  • [ライフサイクルステージ]コンタクトプロパティーの値が[サブスクライバー]であるコンタクト。
  • [金額]取引プロパティーが$5,000を超える関連取引を持つ会社。
  • コンタクトレコードに少なくとも1件のコールを記録したコンタクト。

条件を設定するには、プロパティーを選択し、次にプロパティーのフィールドタイプに応じて、そのプロパティーに基づいて条件を設定するためのオプションを選択します。

注:表示されるオプションは、プロパティーのフィールドタイプによって異なります。たとえば、日付選択カレンダープロパティーのオプションには[is before(次より前)]が表示されますが、ドロップダウン選択プロパティーでは表示されません。また、プロパティーのフィールドタイプによって、必要なフィルタリングのアクションも異なります。たとえば、[ライフサイクルステージ]プロパティーはドロップダウン選択プロパティーであるため、ライフサイクルステージによってフィルターするには、ドロップダウンメニューを使用して条件を選択します。

  • 次の条件をすべて含む:複数のを選択します。リストに含められるには、レコードのプロパティーにこれらの値がすべて含まれている必要があります。
  • 次の条件のいずれかを含む:テキストプロパティーの場合はテキストを入力します。リストに含められるには、入力されたテキストのいずれかの部分がレコードのプロパティーに含まれている必要があります。たとえば、[国/地域]でフィルタリングし、[次の条件のいずれかを含む]「America」を選択した場合、「ica」が両方の値に含まれるため、リストには「North America」の値を持つレコードと「Africa」の値を持つレコードが含まれます。特定の値でフィルタリングする場合は、代わりに条件[次のいずれかと等しい]を使用します。
  • doesn’t contain all of(次の条件をいずれも含まない):複数のを選択します。リストに含められるには、レコードのプロパティーにこれらの値がいずれも含まれていない必要があります。
  • doesn’t contain any of(次の条件のいずれかを含まない):テキストプロパティーの場合はテキストを入力します。リストに含められるには、レコードのプロパティーに入力されたテキストのいずれかが含まれていない必要があります。
  • 次のいずれかで終わる:テキストプロパティーの場合は、テキストを入力します。リストに含められるには、レコードのプロパティー値の末尾が入力されたテキストと一致している必要があります。
  • has ever contained exactly(次に完全一致する値が含まれたことがある)/has never contained exactly(次に完全一致する値が含まれたことがない):テキストプロパティーの場合は、テキストを入力します。リストに含められるには、レコードのプロパティーに入力されたテキストと完全一致するテキストが含まれていたことがある/含まれていたことがない必要があります。
  • 過去に次のいずれかの条件と一致した過去に次のいずれの条件とも一致していない:複数のを選択します。リストに含められるには、レコードのプロパティーにこれらの値のいずれかの部分が過去に含まれていたことがある/いずれも過去に含まれていたことがない必要があります。
  • has ever been equal to(過去に次の条件と一致したことがある)過去に次の条件と一致していない:1つのを選択します。リストに含められるには、レコードのプロパティーに完全一致する値が過去に含まれていたことがある/含まれていたことがない必要があります。
  • 過去に次のいずれかと等しかったことがある過去に次のいずれとも等しかったことがない:テキストプロパティーの場合は、テキストを入力します。リストに含められるには、レコードのプロパティーに入力されたテキストと完全一致するテキストが過去に含まれていたことがある/含まれていたことがない必要があります。
  • 過去に次の条件のいずれかを含んだことがある過去に次の条件のいずれも含んだことがない:テキストプロパティーの場合は、テキストを入力します。リストに含められるには、レコードのプロパティーに入力されたテキストのいずれかが過去に含まれていたことがある/いずれも過去に含まれていたことがない必要があります。
  • 次より後:日付選択カレンダープロパティーの場合は、カレンダーで日付を選択します。リストに含められるには、レコードのプロパティーが選択された日付より後の日付値を持っている必要があります。
  • プロパティーより後:日付選択カレンダープロパティーの場合は、別の日付選択カレンダープロパティーを選択します。リストに含められるには、レコードのプロパティーが2番目のプロパティーの日付値より後の日付値を持っている必要があります。
  • 次のいずれかに該当する:複数のを選択します。リストに含められるには、レコードのプロパティーがこれらの値のうち、いずれか1つを持っている必要があります。
  • is before(次より前):日付選択カレンダープロパティーの場合は、カレンダーの日付を選択します。リストに含められるには、レコードのプロパティーが選択された日付より前の日付値を持っている必要があります。
  • プロパティーより前:日付選択カレンダープロパティーの場合は、別の日付選択カレンダープロパティーを選択します。リストに含められるには、レコードのプロパティーが2番目のプロパティーの日付値より前の日付値を持っている必要があります。
  • is between(値の範囲内):日付選択カレンダープロパティーの場合は、カレンダーで2つの日付を選択します。リストに含められるには、レコードのプロパティーが選択された最初の日付当日かそれより後で、選択された2番目の日付当日かそれより前の日付値を持っている必要があります。
  • is equal to(次の値と等しい)is not equal to(次の値と等しくない):1つのを入力または選択します。リストに含められるには、レコードのプロパティーがこの値と等しい/等しくない必要があります。数値プロパティーでは、入力された値が0の場合、これは値0および空のプロパティー値と等しくなります。
  • が次のすべてと等しいが次のいずれとも等しくない:複数のを入力または選択します。リストに含められるには、レコードのプロパティー値がこれらの値のすべてと等しい/いずれとも等しくない必要があります。
  • 次のいずれかと等しい次のいずれとも等しくない:テキストプロパティーで、テキストを入力します。リストに含められるには、レコードのプロパティーが入力されたテキストのいずれかと等しい/いずれとも等しくない必要があります。
  • 次の値より大きい:数値プロパティーで、数値を入力します。リストに含められるには、レコードのプロパティーが入力された数値より大きい値を持っている必要があります。
  • 次の値以上:数値プロパティーで、数値を入力します。リストに含められるには、レコードのプロパティーが入力された数値以上の値を持っている必要があります。
  • 既知である:プロパティーの値を持つすべてのレコードがリストに含められます。数値プロパティーでは、0は既知の値です。そのため、0の値を持つレコードは、このフィルターが選択されているリストに含められます
  • 次の値より小さい:数値プロパティーで、数値を入力します。リストに含められるには、レコードのプロパティーが入力された数値より小さい値を持っている必要があります。空のプロパティー値は、0より小さいものとして含められます。
  • 次の値以下:数値プロパティーで、数値を入力します。リストに含められるには、レコードのプロパティーが入力された数値以下の値を持っている必要があります。空のプロパティー値は、0以下であるとして含められます。
  • 次の値より大きい:日付選択カレンダープロパティーで、数値を入力し、時間の単位を選択して、[ago(前)]または[from now(後)]を選択します(例:5日前、10週間後)。リストに含められるには、レコードのプロパティーが定義された期間と一致する日付値を持っている必要があります。
  • is not between(値の範囲外):日付選択カレンダープロパティーで、カレンダーの2つの日付を選択します。リストに含められるには、レコードのプロパティーが、選択された最初の日付より前で、選択された2番目の日付より後の値を持っている必要があります。
  • 不明である:プロパティーの値を持っていないすべてのレコードがリストに含められます。数値プロパティーでは、0は既知の値です。そのため、0の値を持つレコードは、このフィルターが選択されているリストに含められません
  • 次のいずれかで始まる:テキストプロパティーで、テキストを入力します。リストに含められるには、レコードのプロパティー値の先頭が入力されたテキストと一致している必要があります。
  • updated in last(最終更新からの日数)/未更新の日数日数を入力します。レコードのプロパティーは、入力された日数以内に更新されている/更新されていない必要があります。この期間内に更新されていないレコードをフィルターすることを選択する場合は、チェックボックスをオンにして、空の値を持つレコードを未更新であるとして含めることができます。
  • was updated after property(プロパティーの後に更新された):別のプロパティーを選択します。リストに含められるには、レコードのプロパティーが、2番目のプロパティーの最終更新より後に更新されている必要があります。
  • was updated before property(プロパティーの前に更新された):別のプロパティーを選択します。リストに含められるには、レコードのプロパティーが、2番目のプロパティーの最終更新より前に更新されている必要があります。

リストメンバーシップ

リストメンバーシップに基づいてレコードを絞り込むことができます。このフィルターを使用して、異なるリストを組み合わせることができます。

条件を設定するには、次の手順を実行します。

  • リストを選択し、オプションを選択します。
    • リストのメンバーである:選択されたリストに含まれているすべてのレコードが、新規リストに追加されます。
    • リストのメンバーではない:選択されたリストに含まれていないすべてのレコードが、新規リストに追加されます。
  • [フィルターを適用]をクリックします。

フォーム送信

HubSpotフォームへの送信に基づいてコンタクトを絞り込むことができます。

条件を設定するには、次の手順を実行します。

  1. フォームを選択します。
  2. ドロップダウンメニューで、[Contact has filled out form(コンタクトがフォームに入力した)]場合、または[Contact hasn’t filled out form(コンタクトがフォームに入力していない)]場合のいずれでフィルターするかを選択します。フォームがある特定のHubSpotページを選択できます。これにより、その特定のページで特定のフォームに送信した、または送信していないすべてのコンタクトに絞り込まれます。そうではなく、特定のページがない場合は、[任意のページ]を選択します。
  3. 送信をさらに絞り込むには、[Refine by date(日付で絞り込む)]または[Refine by number of times(回数で絞り込む)]をクリックして展開し、オプションを選択します。

注:HubSpot以外のフォームを選択した場合は、特定のページによって結果を絞り込むことはできず[いずれかのページ]を選択する必要があります。ドロップダウンメニューにはHubSpotページだけが表示され、HubSpot以外のフォームを含む外部ページは表示されません。

完了したら、[フィルターを適用]をクリックします。

インポート

含まれていたインポートに基づいてレコードを絞り込むことができます。

条件を設定するには、次の手順を実行します。

  • インポートを選択し、オプションを選択します。
    • インポートに含まれる:インポートに含まれるすべてのレコードがリストに含められます。
    • インポートに含まれない:インポートに含まれないすべてのレコードがリストに含められます。
  • [フィルターを適用]をクリックします。

広告コミュニケーション

HubSpot広告ツールを使用して、広告アカウントのいずれかを接続している場合は、対応するGoogle広告、Facebook広告、およびLinkedIn広告プロパティーでコンタクトを絞り込むことができます。広告コミュニケーションに基づいてコンタクトを分類する方法の詳細を確認してください。

マーケティングEメール

マーケティングEメールのアクティビティーでコンタクトを絞り込み、さらに日付別に絞り込みます。

条件を設定するには、次の手順を実行します。

  1. マーケティングEメールを選択します。
  2. コンタクトを絞り込むためのアクティビティーを選択します。
  3. さらに絞り込むには、[Refine by date(日付で絞り込む)]をクリックして展開し、オプションを選択します。

完了したら、[フィルターを適用]をクリックします。

Eメールサブスクリプション

Eメールサブスクリプションのステータスに基づいてコンタクトを絞り込むことができます。コンタクトレコードの左側のパネルにEメールサブスクリプションが表示されます。

条件を設定するには、次の手順を実行します。

  • オプションを選択します。
    • コンタクトがすべてをオプトインしている:選択されたサブスクリプションをすべてオプトインしているコンタクトがリストに含められます。
    • コンタクトがすべてをオプトアウトしました:選択されたサブスクリプションをすべてオプトアウトしているコンタクトがリストに含められます。
    • コンタクトがすべてをオプトインしているわけではない:選択されたサブスクリプションをオプトインもオプトアウトもしていないコンタクトがリストに含められます。
  • ドロップダウンメニューをクリックして、絞り込みの条件とするサブスクリプションのチェックボックスをオンにします。
  • さらに絞り込むには、[Refine by date(日付で絞り込む)]をクリックして展開し、オプションを選択します。
  • 完了したら、[フィルターを適用]をクリックします。

ページビュー(Marketing HubまたはCMS Hub ProfessionalとEnterpriseのみ)

ウェブサイトで閲覧したページでコンタクトを絞り込み、日付または訪問回数でさらに絞り込むことができます。

条件を設定するには、次の手順を実行します。

  • オプションを選択します。
    • コンタクトが過去に次のURL(完全一致)を訪問した/コンタクトが過去に次のURL(完全一致)を訪問していない:指定したURLと完全に一致する/一致しないページビューがコンタクトレコードのタイムラインにあるコンタクト。ワイルドカード(*)は使用できません。
    • コンタクトが過去に次を含むURLを訪問した/コンタクトが過去に次を含むURLを訪問していない:指定したURLの一部を含むページビューがコンタクトレコードのタイムラインにあるコンタクト。たとえば「/marketing」と入力すると、http://www.domain.com/marketing/trade-showshttp://www.domain.com/contact/marketing-companyのように、ページURLに「/marketing」が含まれるウェブサイトのページを訪問したことがあるコンタクトが表示されます。ワイルドカード(*)は使用できません。
    • コンタクトが正規表現に一致するURLを訪問した/コンタクトが正規表現に一致するURLを訪問していない:regexとも呼ばれるこの高度な機能は、HubSpotサポートではサポートされていません。正規表現の作成とテストの詳細については、RegExrをご覧ください。HubSpotで、regexフィルターを使用した条件に対するコンタクトのテストに1秒より長くかかった場合、自動的にfalse値が返され、そのコンタクトはそのフィルターの評価に合格しません。ワイルドカード(*)が機能します。
注:
  • ファイルマネージャーのファイルURLへの訪問はトラッキングされません。ページ ビュー フィルターにファイルURLを入力しても、リスト条件に一致するコンタクトはありません。
  • HubSpotは、コンタクトレコード上の訪問先のURLからUTMパラメーターを切り捨てます。リストおよびワークフローでのクエリー文字列パラメーターの処理方法について詳細をご確認ください。
  • HubSpotは、コンタクトレコード上の訪問先のURLからアンカーリンク(#記号とその後ろに続くテキストなど)を切り捨てます。アンカーリンクまたは#記号を含むページ ビュー フィルターにテキストを入力すると、リスト条件を満たすコンタクトがなくなります。
  • HubSpotは、コンタクトレコード上の訪問先のURLからの末尾のスラッシュを切り捨てます。条件にURLを入力する場合は、末尾のスラッシュを削除する必要があります(末尾のスラッシュがHubSpotによって削除されるため、www.domain.com/directory/ではなく、enter www.domain.com/directoryと入力します)。
  • フィールドにURLを入力します。
  • さらに絞り込むには、[Refine by date(日付で絞り込む)]または[Refine by number of times(回数で絞り込む)]をクリックして展開し、オプションを選択します。
  • 完了したら、[フィルターを適用]をクリックします。

CTA(Marketing HubまたはCMS Hub ProfessionalとEnterpriseのみ)

call-to-action(CTA)ステータスでコンタクトを絞り込み、さらに日付または回数で絞り込むことができます。たとえば、CTAを3回以上表示したコンタクトのリストを作成することができます。

条件を設定するには、次の手順を実行します。

  • CTAを選択します。
  • オプションを選択します。
    • コンタクトがこのバージョンのCTAを表示しました/コンタクトがこのバージョンのCTAを表示していません:CTAを表示した/表示していないコンタクトがこのリストに含められます。
    • コンタクトがこのバージョンのCTAをクリックしました/コンタクトがこのバージョンのCTAをクリックしていません:CTAをクリックした/クリックしていないコンタクト。
  • ドロップダウンメニューで、このCTAの任意のバージョンスマートルールを含む)または既定のバージョンを選択します。
  • さらに絞り込むには、[Refine by date(日付で絞り込む)]または[Refine by number of times(回数で絞り込む)]をクリックして展開し、オプションを選択します。
  • 完了したら、[フィルターを適用]をクリックします。

ワークフロー(ProfessionalとEnterpriseのみ)

ワークフローステータスでコンタクトを絞り込むことができます。たとえば、特定のワークフローで現在有効になっているコンタクトのリストを作成することができます。 

条件を設定するには、次の手順を実行します。

  • ワークフローを選択します。
  • オプションを選択します。
    • コンタクトは現在有効です/コンタクトは現在有効ではありません:現在ワークフローに登録されている/登録されていないコンタクトがリストに含められます。
    • コンタクトが完了しました/コンタクトは完了していません:ワークフローを過去に完了した/完了したことがないコンタクトがリストに含められます。 
    • コンタクトは登録されました/コンタクトは登録されていません:過去にワークフローに登録している/登録したことがないコンタクトがリストに含められます。
    • コンタクトは目標を達成しました/コンタクトは目標を達成していません:ワークフローの目標を達成した/達成していないコンタクトがリストに含められます。
  • 完了したら、[フィルターを適用]をクリックします。

注:[コンタクトは目標を達成しました]フィルターを使用する場合は、目標基準を満たし、かつ、ワークフローからマーケティングEメールが送信されたコンタクトのみがリストに表示されます。

製品のプロパティー(ProfessionalとEnterpriseのみ)

関連する取引内の製品のプロパティーに基づいてコンタクトを絞り込みます。コンタクトレコードの右側のパネルの[取引]セクションと[製品]セクションに、関連する取引と製品がそれぞれ表示されます。

条件を設定するには、次の手順を実行します。


行動イベント(Marketing Hub Enterpriseのみ)

コンタクトが完了した行動イベントでコンタクトを絞り込み、さらに日付または回数で絞り込むことができます。たとえば、特定のイベントを3回以上完了したコンタクトのリストを作成することができます。

条件を設定するには、次の手順を実行します。

  • イベントを選択します。
  • [コンタクトが完了しました]を選択してイベントを完了したコンタクトで絞り込むか、[コンタクトが完了していません]を選択してイベントを完了していないコンタクトで絞り込みます。
  • さらに絞り込むには、[Refine by date(日付で絞り込む)]または[Refine by number of times(回数で絞り込む)]をクリックして展開し、オプションを選択します。
  • 完了したら、[フィルターを適用]をクリックします。

統合で使用可能なリスト条件

GoToWebinarウェビナーステータス

GoToWebinar を HubSpot に統合している場合、GoToWebinar ウェビナーのステータスでコンタクトを絞り込むことができます。たとえば、いずれかのウェビナーに登録したコンタクトや、特定のウェビナーに参加したことがないコンタクトのリストを作成できます。

SurveyMonkeyレスポンス

HubSpotにSurveyMonkeyを統合している場合、SurveyMonkeyアンケートの回答でコンタクトを絞り込むことができます。たとえば、特定のアンケートに回答したコンタクトや、アンケートの質問に特定の回答をしたコンタクトのリストを作成することができます。