お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Connected Email

1対1のEメールの送信と返信

更新日時 2020年 7月 20日

対象製品

すべての製品とプラン

HubSpotでは、コンタクトレコード、または関連企業、取引、チケットのレコードから各コンタクトにEメールを送信することができます。また、レコードタイムラインからHubSpotのEメールに返信できます。

注:接続している受信トレイからEメールを送信する際は、CRMを介して送信する必要があります。受信トレイを接続する方法について説明します。

1対1のEメールの送信

send-one-to-one-email

  • [送信]をクリックします。

1対1のEメールへの返信

  • HubSpotアカウントで、 コンタクト、会社、取引、またはチケットに進みます。
  • レコードの名前をクリックします。
  • レコードタイムラインでEメールを見つけ、[返信]をクリックします。スレッドにチームの他のメンバーが含まれている場合は、[全員に返信]をクリックして両方に返信します。

注:チームメンバーからコンタクトへのEメールの場合に[返信]をクリックすると、コンタクトではなく、チームメンバーにのみEメールのみが送信されます。

  • 特定のEメールアドレスにEメールを送信するには、[宛先]フィールドで名前をクリックし、別のEメールアドレスを選択します。
  • ユーザーの接続済みEメールアドレスのうちの別のものから送信するには、[送信者]フィールドでEメールアドレスをクリックして、送信元となる別の接続済みEメールアドレスを選択します。[送信者]フィールドの名前は、[プロファイルと設定]のさまざまな設定の中で設定されているユーザー名です。
  • 返信を作成して書式設定した後、[送信]をクリックします。

HubSpotモバイルアプリで1対1のEメールを送信する

  • デバイスでHubSpotアプリを開きます。
  • 一番下のナビゲーションメニューで、[コンタクト]をタップします。
  • コンタクトの名前をタップします。そのレコードが表示されます。 
  • コンタクトの写真の下でEメールアイコン emailをクリックします。
  • Eメール作成ウィンドウで、そのEメールの件名を入力し、追加のコンタクトがあればCC/BCCフィールドに入力します。 
  • Eメールメッセージをまったく新規に作成したり、アカウントからセールスEメールテンプレートを使用したりすることができます。テンプレートを使用するには、上部の[テンプレートを使用]をクリックし、リストからテンプレートを選択します。 
  • Eメールにミーティングリンクを追加するには、上部にある[ミーティングリンクを挿入]をクリックし、リストからミーティングリンクを選択します。 
  • Eメールを送信する準備ができたら、右上の[送信]をクリックします。 
(iOS)


(Android)

コミュニケーションのためのコンタクトの法的根拠を検証する

GDPR設定が有効になっている場合、HubSpotで1対1のEメールを送信する前に、コンタクトのコミュニケーションの法的根拠を検証する必要があります。そのためには、サブスクリプションを追加するか、1回限りの法的根拠を提供することができます。

GDPRは2018年5月25日に発効されたため、コンタクトがすべてのEメール受信を拒否している場合、CRMから1対1のEメールを送信するには、その前に、ユーザーが1回限りの法的根拠をコンタクトに提示する必要があります。このことは、送信元のアカウントでGDPR機能が有効になっていないとしても適用されます。

  • HubSpotアカウントにて、[コンタクト] > [コンタクト]の順に進みます。
  • レコードの名前をクリックします。
  • 左側のペインで、Eメール emailアイコンをクリックします。
  • ポップアップボックスで、コミュニケーションの法的根拠を検証します。
    • サブスクリプションを追加:サブスクリプションタイプを設定する場合にクリックします。これにより、コミュニケーションするための法的根拠が有効になり、CRMから1対1のEメールを送信できるよう、コンタクトに対して1対1のサブスクリプションを追加できます。
    • 注:コンタクトがすべてのEメールコミュニケーションを拒否している場合、[サブスクリプションを追加]オプションは利用できません。それらの場合にできることは、非商用の交渉Eメールに関して1回限りの法的根拠を提供することだけです。
    • 1回限りの法的根拠を提示:コンタクトにEメールを送信できるよう、法的根拠を割り当てて、コミュニケーションが許可される理由を説明する場合にクリックします。このオプションは、契約書や請求書をEメールで送信する場合など、このコンタクトに一度だけEメールを送信する必要がある場合に便利です。email-contact-with-unsubscribe
/jp/email/send-and-reply-to-one-to-one-emails