メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Account Settings

HubSpotユーザー権限ガイド

更新日時 2023年 1月 31日

対象製品

すべての製品とプラン

ユーザーの追加および編集権限を持つHubSpotユーザーは、HubSpotアカウント内の新しいユーザー既存のユーザーの権限をカスタマイズできます。

[ユーザーとチーム]設定にアクセスしてユーザー権限を更新する方法について詳細をご確認ください。権限の更新を有効にするには、ユーザーは一度アカウントからログアウトしてからログインしなおす必要があります。

カスタマイズ可能なアクセスのレベルとしては他にも、プロパティー編集アクセス権の特定ユーザーへの限定特定ユーザーへのコンテンツアクセス権の割り当てがあります。

注:HubSpotが権限セットに新しい権限を追加した場合、既存のユーザーはそのアクセス権を保持し、セットに追加された新しい権限は、そのユーザーに対して既定でオンにされます。

CRM

[CRM]タブで、CRMオブジェクトとツールに関する権限を設定します。

コミュニケーション受信トレイのユーザー権限を管理するには、コミュニケーション受信トレイの作成方法に関するドキュメントを確認してください。

オブジェクトアクセス権

どんなオブジェクトやアクティビティーをユーザーが閲覧、編集、削除できるかをカスタマイズします。オブジェクトに応じて、以下の権限から選択することができます。

  • [表示]:ドロップダウンメニューをクリックして、ユーザーに表示を許可する一連のコンタクト、会社、チケット、タスク、メモ、カスタムオブジェクトを管理します。「表示:担当のみ」権限を持つユーザーの場合、自分に割り当てられているレコードのみがインデックスページ、リストツール、レポートに表示されます。
    • オプションは、[すべて]、[チームのみ]、[担当のみ]です。
    • [チームのみ]または[担当のみ]を選択する場合、未割り当てのレコードやアクティビティーをユーザーが確認できるようにするには、[未割り当て]チェックボックスをオンにします。

注:「メモ」権限の[未割り当て]チェックボックスをオンにすると、連携を通じて作成された未割り当てのメモを確認できます。メモには担当者がおらず、作成者しかいないため、HubSpotでメモを割り当て解除することはできません。 

  • [編集]:ドロップダウンメニューをクリックして、ユーザーに編集を許可する一連のコンタクト、会社、取引、チケット、タスク、カスタムオブジェクトを管理します。
    • オプションは、[すべて]、[チームのみ]、[担当のみ]、[なし]です。
    • [チームのみ]または[担当のみ]を選択する場合、未割り当てのレコードやアクティビティーをユーザーが編集できるようにするには、[未割り当て]チェックボックスをオンにします。
  • [削除]:ドロップダウンメニューをクリックして、ユーザーに削除を許可する一連のコンタクト、会社、取引、チケット、カスタムオブジェクトを管理します。
    • オプションは、[すべて]、[チームのみ]、[担当のみ]、[なし]です。
    • [チームのみ]または[担当のみ]を選択する場合、未割り当てのレコードやアクティビティーをユーザーが削除できるようにするには、[未割り当て]チェックボックスをオンにします。

注:

  • 「表示」権限を持つユーザーも、そのオブジェクトのレコードにメモまたはタスクを作成できます。ユーザーには、それらのレコードのメモまたはタスクの編集、メモと他のレコードの関連付け、またはその他のアクティビティー(Eメール、コール、ミーティングなど)の作成を行える「コミュニケーション」権限が必要です。
  • 担当権限は、既定の担当者プロパティーとカスタムHubSpotユーザー フィールド タイプのプロパティーに基づきます。どちらのタイプのプロパティーが使用されているかにかかわらず、担当者として設定されるユーザーには、レコードに対するアクセス権が付与されます。「チームのみ」の所有権を付与されているユーザーは、割り当てられているチームとその子チームの任意のメンバーが担当するレコードにアクセスできます。

CRMツール

一括アクション、プロパティー設定、ワークフローツールへのアクセス権をカスタマイズします。

  • [ワークフロー]:チェックボックスをオンにして、ワークフローツールの「削除」、「編集」、または「表示」アクセス権をユーザーに付与します。ユーザーに「削除」アクセス権を付与する場合は、そのユーザーに「編集」アクセス権も付与する必要があります。
  • [コミュニケーション]ドロップダウンメニューをクリックして、ユーザーがEメール、コール、ミーティングを追加できるコンタクト、会社、取引、チケット、タスク、カスタムオブジェクトを制御するとともに、これらのアクティビティーを他のレコードに関連付けることができます。
    • オプションは、[すべて]、[チームのみ]、[担当のみ]、[なし]です。
    • [チームのみ]または[担当のみ]を選択した場合、ユーザーが未割り当てのコンタクトおよび会社とコミュニケーションをとれるようにするには、[未割り当て]チェックボックスをオンにします。
    • これはCRMのEメールにのみ適用され、マーケティングEメールには適用されませんマーケティングEメールの権限の設定に関する詳細をご覧ください。
  • [一括削除]:コンタクト、会社、取引、チケット、およびタスクを一括削除する権限をユーザーに付与するには、[一括削除]スイッチをオンに切り替えます。これによりユーザーは、例えばリストやダッシュボードの中からコンタクトを削除することができます。「コンタクトアクセス」のための「編集」権限を付与されている場合は、この権限がなくても、個々のレコードからコンタクト、会社、取引、チケット、タスクを削除できます。
  • [インポート]HubSpotアカウントにコンタクト、会社、および取引をインポートする権限をユーザーに付与するには、[インポート]スイッチをオンに切り替えます。
  • [エクスポート]:HubSpotアカウントからコンタクト、会社、取引、レポーティングデータをエクスポートする権限をユーザーに付与するには、[エクスポート]スイッチをオンに切り替えます。
  • [プロパティーの設定の編集]:プロパティーの作成および編集権限、レコードのサイドバーとボードカードの編集権限、パイプラインとステージの編集権限、およびリード スコアリング ツールへのアクセス権限をユーザーに付与するには、[プロパティーの設定の編集]スイッチをオンに切り替えます。
  • [チャットフロー]:HubSpotアカウントでチャットボット作成ツールを作成、編集、公開するには、[チャットフロー]スイッチをオンに切り替えます。
  • [カスタムビュー](「Professional」および「Enterprise」のみ)受信トレイのカスタムビューを作成、編集、削除するためのアクセス権をユーザーに付与するには、[カスタムビュー]スイッチをオンに切り替えます。 

マーケティング

[マーケティング]タブで、マーケティングの公開に使用するツールの権限を設定します。「表示」権限では、ユーザーはアセットを表示できます。「編集」権限では、ユーザーはアセットを編集できます。「公開」権限では、ユーザーはアセットへの変更を公開できます。

  • [フォーム]:ユーザーにフォームツールへのアクセス権を付与するには、[フォーム]スイッチをオンに切り替えます。

注:サポートフォームを作成してチャネルに接続するには、ユーザーにアカウントアクセス権限が必要です。フォームのフォローアップEメールを編集するには、ユーザーにマーケティングEメール「公開」権限が必要です。

  • [リスト]:チェックボックスを選択して、リストツールへのアクセスをユーザーに許可します。
  • [ファイル]:HubSpot内でファイルを追加、編集、削除するアクセス権をユーザーに付与するには、[ファイル]スイッチをオンに切り替えます。
    • HubSpotの無料ツールで、この権限を使用すると、レコードの添付ファイルなどのファイルをアップロードできるようになります。
    • 「Starter」、「Professional」、「Enterprise」のアカウントでは、これによりファイルマネージャー内のファイルに対するアクションの実行をユーザーに許可できます。この権限のないユーザーでもファイルマネージャーでファイルを表示できます。
  • [マーケティングアクセス]:Eメールツールなどのマーケティングツールにアクセスしたり、マーケティングEメールからコンタクトをオプトアウトしたりするためのアクセス権をユーザーに付与するには、[マーケティングアクセス]スイッチをオンに切り替えます。これにより、コンタクトレコードでウェブサイトのアクティビティー」を表示するユーザーアクセス権が付与されます。スイッチをオンにすると、さらに特定のマーケティングツール権限を有効にできます。

マーケティングツール

  • [広告]:広告ツールの「公開」アクセス権または「表示」アクセス権をユーザーに付与するには、該当するチェックボックスをオンにします。
  • [キャンペーン]:キャンペーンツールの「編集」アクセス権または「表示」アクセス権をユーザーに付与するには、該当するチェックボックスをオンにします。
  • [Eメール]:チェックボックスを選択して、Eメールツールを「表示」、「編集」、「公開」するアクセス権をユーザーに付与します。
  • ソーシャルパブリッシング:ドロップダウンメニューをクリックして、公開先としてユーザーに許可するソーシャルアカウントを管理します。[すべてのアカウント]、[本人のアカウントのみ]、または[下書きのみ]のソーシャル権限を持つユーザーには、ソーシャルモニタリング、公開時、およびレポートですべての共有ソーシャルアカウントが表示されるだけでなく、接続済みのソーシャルアカウントも表示されます。
    • すべてのアカウント:ユーザーは接続したソーシャルアカウントまたは任意の共有ソーシャルアカウントに公開できます。ソーシャル設定の編集も可能です。

    • 本人のアカウントのみ:ユーザーは自分が接続したソーシャルアカウントにのみ公開できます。

    • 下書きのみMarketing Hub Enterpriseのみ):ユーザーはソーシャルアカウントに公開できませんが、自分が接続したソーシャルアカウントまたは任意の共有ソーシャルアカウントでのソーシャル投稿の下書きを作成できます。

    • なし:ユーザーはソーシャルツールにアクセスできません。ユーザーがログインしても、ナビゲーションメニューにはソーシャルツールが表示されません。
  • [コンテンツのステージング]:ユーザーにコンテンツのステージングのツールへのアクセス権を付与するには、[コンテンツのステージング]スイッチをオンに切り替えます。

ウェブサイトツール

  • [ブログ]:ブログツールの「公開」、「編集」、または「表示」アクセス権をユーザーに付与するには、該当するチェックボックスをオンにします。「編集」アクセス権を持つユーザーは、ブログツールでコンテンツを作成できますが、新しい記事を公開したり公開中の記事を更新したりすることはできません。
  • [ランディングページ]:ランディング ページ ツールの「公開」、「編集」、または「表示」アクセス権を付与するには、該当するチェックボックスをオンにします。「編集」アクセス権を持つユーザーは、ランディングページを作成できますが、新しいページを公開したり公開中のページを更新したりすることはできません。
  • [ウェブサイトページ]:ユーザーにウェブサイト ページ ツールの「公開」、「編集」、または「表示」アクセス権を付与するには、該当するチェックボックスをオンにします。「編集」アクセス権を持つユーザーは、ウェブサイトページを作成できますが、新しいページを公開したり公開中のページを更新したりすることはできません。
注:
  • CTA(call-to-action)を作成するには、「ブログ」、「Eメール」、「ランディングページ」、または「ウェブサイトページ」に対する「編集」または「公開」アクセス権限がユーザーに付与されている必要があります。
  • SEOツールを表示するには、少なくとも「Eメール」、「ブログ」、「ランディングページ」、または「ウェブサイトページ」に対する「表示」アクセス権限がユーザーに付与されている必要があります。SEOツールを更新するには、少なくとも「Eメール」、「ブログ」、「ランディングページ」、または「ウェブサイトページ」に対する「編集」アクセス権、または「ウェブサイト設定」アクセス権がユーザーに付与されている必要があります。

  • [HubDB]CMS Hubのみ)ユーザーにHubDBの「公開」、「編集」、または「表示」アクセス権を付与するには、該当するチェックボックスをオンにします。
    • 公開:ユーザーは新しい行の追加、既存の行の編集、テーブルからの行の削除を行うことができます。
    • [編集]:ユーザーはテーブルへの行の追加、ロックされた行の複製、データのインポート、データのエクスポートを行うことができます。
    • [表示]:ユーザーはテーブル行のデータの閲覧とデータのエクスポートができますが、データを追加できません。

注:テーブル設定を更新し、HubDBテーブルを作成、複製、公開停止、または削除するには、管理者アクセス権でユーザーの[HubDBテーブル設定]が有効になっていなければなりません。


注:グローバル ウェブ アセットとブログ/ウェブサイトの設定を編集する必要があるユーザーに対しては、グローバルコンテンツ設定およびウェブサイトの設定権限も付与することをお勧めします。


セールス

[セールス]タブでは、製品テンプレートなど、セールスツールに関する権限と制限をきめ細かく設定し、有料のSales Hubシートを割り当てます。

  • [製品ライブラリーを管理]:製品ライブラリーで製品を作成および編集するためのユーザーアクセス権を付与するには、[製品ライブラリーを管理]スイッチをクリックしてオンに切り替えます。
  • カスタム商品項目を作成:これは既定でオンになっており、取引レコードや見積もりから商品項目を作成するためのユーザーアクセス権を付与します。ユーザーのアクセス権を削除するには、[カスタム商品項目を作成]スイッチをクリックしてオフにします。
  • [セールスアクセス]:セールステンプレート、ドキュメント、コール、およびミーティングツールへのアクセス権をユーザーに付与し、個人用Eメールを接続するオプションも許可するには、[セールスアクセス]スイッチをオンに切り替えます。スイッチをオンにすると、HubSpotのセールスツールに関するより詳細な権限が表示されます。
  • [テンプレート]:テンプレートを作成、編集、および削除するためのユーザーアクセス権を付与するには、[テンプレート]スイッチをクリックしてオンに切り替えます。Sales HubおよびService Hubの有料シートを割り当てられたユーザーは、テンプレートの作成/編集権限が付与されていなくても、テンプレートの表示および送信が可能です。
  • [他のユーザーのスケジュール設定ページを作成]:他のユーザーのためにスケジュール設定ページを作成、編集、削除するためのユーザーアクセス権を付与するには、[他のユーザーのスケジュール設定ページを作成]スイッチをクリックしてオンに切り替えます。
  • Sales Starter/ProfessionalEnterprise:シートで利用できるセールスツールへのアクセス権をユーザーに付与するには、[Sales Starter/Professional/Enterprise]スイッチをクリックしてオンに切り替えます。既定では、これにはプレイブックコールの文字起こし見積もりベースのワークフローが含まれます。

注:購入済みのシートをすべて既に割り当てている場合は、[別のユーザーを購入]をクリックしてユーザーをアップグレードすることができます。Sales Hubの有料ユーザーの管理をご覧ください。

    • フォーキャスト:セールス フォーキャスト ツールおよび売上高の目標に関する編集および表示アクセス権をカスタマイズします。
      • 「担当のみ」表示権限を持つユーザーは、自分の目標やフォーキャストのみを表示できます。
      • 「チームのみ」表示権限を持つユーザーは、チーム内の自分の目標やフォーキャストのみを表示でき、チームメイトのものは表示できません。
    •  [プレイブック]:プレイブックの「公開」または「編集」アクセス権をユーザーに付与するには、該当するチェックボックスをオンにします。プレイブックでのユーザーの「公開」権限と「編集」権限を編集することができるのは、「アカウントアクセス」権限を持つ「Sales Hub Professional」および「Enterprise」ユーザーのみです。
    • [シーケンス]:シーケンスを作成および編集するためのアクセス権をユーザーに付与するには、[シーケンス]スイッチをクリックしてオンに切り替えます。Sales Hub ProfessionalまたはEnterprise、あるいはService Hub ProfessionalまたはEnterpriseの有料シートを割り当てられたユーザーは、シーケンスの作成/編集権限が付与されていなくても、シーケンスの表示および送信が可能です。
    • シーケンスを一括登録:Sales Hub Professional」および「Enterprise」のユーザーの場合、これは既定で有効になっています。シーケンス内のコンタクトを一括登録するためのユーザーのアクセス権を削除するには、[シーケンスを一括登録]スイッチをクリックしてオフに切り替えます。オフになっている場合、ユーザーはコンタクトを1つずつ登録できます。

    米国に拠点を置く企業が支払いツールを使用する場合、支払いリンクを作成したりアカウントの取引履歴を管理したりできるユーザーをカスタマイズできます。これらの権限オプションを使用して、フロントオフィスとバックオフィスの両方のチームのアクセスを管理します。

    • [支払いリンクを管理]:支払いリンクを作成、編集、および削除する権限をユーザーに付与するには、[支払いリンクを管理]スイッチをオンにします。
    • [支払いとサブスクリプションを管理]:トランザクションと振込の履歴の表示、支払いと振込に関するレポートのダウンロード、領収書の再送信、サブスクリプションのキャンセル、払い戻しの実行を行うための権限をユーザーに付与するには、[支払いとサブスクリプションを管理]スイッチをオンにします。

    サービス

    [サービス]タブでは、HubSpotのサービスツールに関する権限と制限をきめ細かく設定できます。

    • [サービスアクセス]:ユーザーにサービスツールへのアクセス権を付与するには、[サービスアクセス]スイッチをオンに切り替えます。スイッチをオンにすると、HubSpotのサービスツールに関する詳細な権限が表示されます。
    • [お客様のフィードバックアンケート]:[編集]チェックボックスをオンにすると、フィードバックツールでアンケートを作成する権限がユーザーに付与されます。
    • [ナレッジベース記事]:ユーザーにナレッジ ベース ツールの「公開」または「編集」アクセス権を付与するには、該当するチェックボックスをオンにします。「編集」アクセス権を持つユーザーは、ナレッジベース記事を作成できますが、記事を公開または更新することはできません。
    • [テンプレート]:テンプレートを作成、編集、および削除するためのユーザーアクセス権を付与するには、[テンプレート]スイッチをクリックしてオンに切り替えます。Sales HubおよびService Hubの有料シートを割り当てられたユーザーは、テンプレートの作成/編集権限が付与されていなくても、テンプレートの表示および送信が可能です。
    • [他のユーザーのスケジュール設定ページを作成]:他のユーザーのためにスケジュール設定ページを作成、編集、削除するためのユーザーアクセス権を付与するには、[他のユーザーのスケジュール設定ページを作成]スイッチをクリックしてオンに切り替えます。
    • Service Starter/Professional/Enterprise:Service Hub Starter、ProfessionalまたはEnterpriseのシート(存在する場合)をユーザーに割り当てるには、[Service Starter/Professional/Enterprise]スイッチをオンに切り替えます。Service Hubの有料ユーザーの管理に関する詳細をご覧ください。
      • [プレイブック]:ユーザーにプレイブックツールの「公開」または「編集」アクセス権を付与するには、該当するチェックボックスをオンにします。プレイブックでのユーザーの「公開」権限と「編集」権限を編集することができるのは、「アカウントアクセス」権限を持つ「Service Hub Professional」および「Enterprise」ユーザーのみです。
      • [シーケンス]:シーケンスを作成および編集するためのアクセス権をユーザーに付与するには、[シーケンス]スイッチをクリックしてオンに切り替えます。Sales Hub ProfessionalまたはEnterprise、あるいはService Hub ProfessionalまたはEnterpriseの有料シートを割り当てられたユーザーは、シーケンスの作成/編集権限が付与されていなくても、シーケンスの表示および送信が可能です。
      • シーケンスを一括登録:Sales Hub ProfessionalおよびEnterpriseのユーザーの場合、これは既定で有効になっています。シーケンス内のコンタクトを一括登録するためのユーザーのアクセス権を削除するには、[シーケンスを一括登録]スイッチをクリックしてオフに切り替えます。オフになっている場合、ユーザーはコンタクトを1つずつ登録できます。

    レポート

    [レポート]タブでは、ダッシュボード、レポート、およびアナリティクスの作成、編集、表示を実行するための権限をユーザーに付与できます。

    • [データ品質ツールのアクセス権]:データ品質の問題を監視および解消できるようにするためにデータ品質コマンドセンターへのアクセス権をスーパー管理者以外のユーザーに付与するには、[データ品質ツールのアクセス権]スイッチをクリックしてオンに切り替えます。
    • [レポートへのアクセス]:ダッシュボード、レポート、アナリティクスツールなど、さまざまなレポートツールへのアクセス権をユーザーに付与するには、[レポートへのアクセス]スイッチを切り替えます。スイッチをオンにすると、HubSpotのレポートツールに関するより詳細な権限が表示されます。
    • [ダッシュボード、レポート、アナリティクス]:レポートツールの「作成/担当」、「編集」、または「編集」アクセス権をユーザーに付与するには、該当するチェックボックスをオンにします。
      • 作成/担当:ダッシュボードとレポートの作成と担当のための権限をユーザーに付与します。
      • 編集:アクセス可能なダッシュボード、レポート、アナリティクスの編集権限をユーザーに付与します。作成と担当のための権限をユーザーに付与する場合、これを選択します。
      • 表示:ダッシュボード、レポート、アナリティクスのツールの表示権限をユーザーに付与します。[レポートへのアクセス]スイッチがオンになると、既定でオンになります。
    • [マーケティングレポート]:HubSpotアナリティクスツール内のマーケティングレポートへのアクセス権を付与するには、[マーケティングレポート]スイッチをオンに切り替えます。これには、トラフィックアナリティクス、ページパフォーマンス、他社比較、トラッキングURLビルダー、イベント(「Marketing Hub Enterprise」のみ)、レポート設定が含まれます。

    アカウント

    [アカウント]タブでは、アカウント管理に対する権限と制限をきめ細かく設定できます。

    設定

    • [マーケティング コンタクト アクセス]:コンタクトをマーケティングコンタクトまたはマーケティング対象外のコンタクトとして設定するための権限をユーザーに付与するには、[マーケティング コンタクト アクセス]スイッチをオンに切り替えます。
    • [アプリ マーケットプレイス アクセス権]:HubSpotマーケットプレイスからアプリをインストールするための権限をユーザーに付与するには、[アプリ マーケットプレイス アクセス権]スイッチをオンに切り替えます。この権限のないユーザーでも、サードパーティーのウェブサイトからのアプリ、カレンダー連携Eメールの連携HubSpot Adsの連携LinkedIn Sales Navigatorはインストールできます。
    • [アセット マーケットプレイス アクセス権]:HubSpotマーケットプレイスからモジュールおよびテンプレートをインストールするための権限をユーザーに付与する場合、[アセット マーケットプレイス アクセス権]スイッチをオンに切り替えます。
    • [GDPRのコンタクト削除]:コンタクトレコードをGDPR削除する機能をユーザーに付与するには、[GDPRのコンタクト削除]スイッチをオンに切り替えます。ユーザーが連絡先を削除するには、[CRM]タブでの連絡先削除権限もまた必要です。
    • [HubDBテーブル設定]:HubDBテーブルの設定変更、作成、複製、公開停止、削除を行う権限をユーザーに付与するには、[HubDBテーブル設定] スイッチをオンに切り替えます。
    • [グローバルコンテンツ設定]:ウェブサイト用のグローバルコンテンツとテーマの編集権限をユーザーに付与するには、[グローバルコンテンツ設定]スイッチをオンに切り替えます。
    • [ウェブサイト設定]:ウェブサイト設定の編集権限をユーザーに付与するには、[ウェブサイト設定]スイッチをオンに切り替えます。また、これにより、SEOツールを更新する権限とEメールアカウント設定を管理する権限もユーザーに付与されます。
    • [ナレッジベース設定]:ナレッジベース設定の編集権限をユーザーに付与するには、[ナレッジベース設定]スイッチをオンに切り替えます。この権限では既定で、ナレッジ ベース ツールの公開アクセス権もユーザーに付与します。
    • [カスタマーポータル設定]:カスタマーポータル設定の編集をユーザーに許可するには、[カスタマーポータル設定]スイッチをオンに切り替えます。この権限は既定で、カスタマー ポータル ツールの「公開」アクセス権もユーザーに付与します。
  • スーパー管理者

    スーパー管理者には、すべてのツールおよび設定へのアクセス権が付与されます。ただし、有料のSales HubまたはService Hubの機能を除きます(有料シートが必要)。さらにスーパー管理者は、アカウントのAPIキーへのアクセスや、アカウント内の他のユーザーのスケジュール設定ページの作成と管理もできます。

    別のユーザーをスーパー管理者として設定できるのはスーパー管理者のみです。ユーザーをスーパー管理者にするには、[アクション]ドロップダウンメニューをクリックして[スーパー管理者権限を付与]を選択します。

    permissions-make-super-admin

    スーパー管理者がタスクまたはプロセスを完了することが必要な場合は、個別のユーザー権限を更新する代わりに、既存のスーパー管理者がそのタスクを完了することをお勧めします。

    パートナーアカウント

    [パートナー]タブでは、HubSpotアカウント上のユーザーにパートナーツールへのアクセス権を付与し、これらのユーザーをクライアントポータルのパートナー従業員として指定できます。[パートナー ツール アクセス]がオンに切り替えられるまでは、既定でパートナーアカウント上のどのユーザーにもパートナーツールへのアクセス権が付与されません。

    • [パートナー ツール アクセス]:パートナーツールへのアクセス権をユーザーに付与するには、[パートナー ツール アクセス]スイッチをオンに切り替えます。
      • [パートナーダッシュボード]:パートナーダッシュボードの「編集」または「表示」アクセス権をユーザーに付与するには、該当するチェックボックスをオンにします。
      • [ソリューションディレクトリー]:[編集]チェックボックスをオンにして、ユーザーにディレクトリーの「編集」アクセス権を付与します。
      • [パートナー従業員の管理]:クライアントのパートナー従業員のリストの「表示」または「編集」アクセス権をユーザーに付与するには、該当するチェックボックスをオンにします。 
    • [パートナー従業員]:クライアントのHubSpotアカウント上にユーザーを追加する際に「パートナー従業員」として設定するには、HubSpotのパートナーアカウント上で[パートナー従業員]スイッチをオンに切り替えます。

    partner-employee

     

Was this article helpful?
This form is used for documentation feedback only. Learn how to get help with HubSpot.