お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Contacts

レコードの使い方ガイド

更新日時 2020年 3月 4日

HubSpotには4 種類のレコードタイプがあります:コンタクト、会社、取引、チケット。各表示のレコードダッシュボードでレコードのリストを表示し、特定のレコードをセグメント化して検索することができます。レコードのプロパティー、アクティビティ、関連付けられているレコードなどを表示する特定のレコードにアクセスします。

レコードタイプの概要

  • コンタクト:コンタクトレコードを使用して個々の個人に関する情報を保存して追跡します。コンタクトのプロパティーには、個別のコンタクトに関する情報が含まれています。これにより、リストや 保存済みフィルターの作成に使用できます。
  • 会社:個々のビジネスまたは組織に関する情報を保存して追跡するために会社レコードを使用します。会社とそのビジネスニーズを理解するために会社とコンタクトと取引を関連付けます
  • 削除:取引を使用して潜在的な収益をトラッキングします。取引の作成は、製品やサービスに関するミーティングの約束など、収益につながり得る何らかのアクションをプロスペクトが起こしたタイミングで行います。
  • チケット: チケット を使用して、会社との顧客問題、エンゲージメント、コミュニケーションのステータスをトラッキングします。

ベストプラクティスについては、HubSpotでさまざまなレコードタイプを使用する方法を学習します。ビジネスを成長させるには、HubSpotアカデミーをご覧ください。

レコードダッシュボードのツアー

  • HubSpotアカウントで、コンタクト、会社、取引、またはチケットに移動します
  • ダッシュボードで次の操作を行います。
    1. テーブル/ボード:取引やタスクを表示している場合は、テーブルをクリックしてテーブル形式でレコードを表示し、[ボード]をクリックしてパイプラインステージ別にレコードを表示します。
    2. [検索]:検索語を入力してオブジェクトを検索します。
    3. [アクション]:ビューをカスタマイズするには[アクション]ドロップダウンメニューをクリックします。
      • テーブルビューで[列を編集]を選択してダッシュボードビューに表示される列([名前][Eメール][コンタクト/会社の担当者]など)を編集するか、[プロパティーを編集]をクリックして各レコードに関連付けられているプロパティーを編集します。
      • ボードビューで、[取引/チケットをソート]を選択して、パイプラインの各ステージにレコードが表示される方法を選択します。
    4. [インポート]:右上の[インポート]をクリックしてレコードをインポート します。レコードをインポートする方法を学習します。
    5. [[レコード]を作成]:クリックして新しいオブジェクトを作成します。手動でレコードを作成する方法を学習します。
    6. パイプライン:取引やチケットを表示している場合は、[パイプライン]ドロップダウンメニューをクリックしてパイプラインを絞り込みます。
    7. フィルターを追加: [+フィルターを追加] をクリックして、レコードをセグメント化するために条件を設定します。保存されているフィルターを適用するには、[すべての保存済みフィルター]をクリックします。詳しくは、保存済みフィルターの作成についての説明を参照してください。

      table-view-tickets-no-dropdown

レコードのツアー

概要とアクション

左側のパネルには、レコードのプロパティーとレコードでのアクションのオプションが表示されます。

  • 上部で、名前、プロフィール写真、ロゴ、取引金額などのレコードのプライマリプロパティを表示して編集します。表示される値はオブジェクトタイプによって異なります。
  • プライマリプロパティの下で、それぞれのアイコンをクリックしてレコードを操作します。
  • [この[レコード]について]セクションでレコードのプロパティーを表示して編集します。詳しくは、このセクションに表示されるプロパティーを編集する方法についての説明を参照してください。
    • プロパティー値を編集するには、プロパティーの上にカーソルを置き、鉛筆アイコン editをクリックします。
    • 特定のプロパティーの履歴を表示するには、プロパティの上にカーソルを置き、[履歴を表示]または[下にスクロール]をクリックして、[プロパティ履歴を表示]をクリックして、すべてのプロパティーの変更履歴を表示します。
    • すべてのプロパティーを表示するには、[すべてのプロパティーを表示]をクリックします。
  • コンタクトの場合、 通信サブスクリプションセクションでコンタクトのサブスクリプションを表示して編集します。詳しくは、コンタクトのサブスクリプションの追加についての説明を参照してください。
  • コンタクトの場合、ウェブサイトのアクティビティセクションでウェブサイトとのやり取りを表示する。

タイムライン:

中央のパネルの表示レコードのアクティビティは最新のアクティビティで定期的に表示します。以下の方法でこれらのアクティビティを絞り込むことができます:

  • アクティビティをすばやく絞り込むには、上部のタブをクリックします。

  • さらに特定のアクティビティに絞り込むには[絞り込み条件]ドロップダウンメニューをクリックします。
  • [すべてのユーザー]または[すべてのチーム]ドロップダウンメニューをクリックし、ユーザーまたはチームを選択すると、そのユーザーまたはチームが所有するアクティビティに絞り込まれます。

  • 特定のアクティビティを検索するには、右上の検索アイコンsearchをクリックします。入力した条件に基づいて、ツールはタイムラインアクティビティで以下のフィールドを検索してアクティビティを取得します:
    • タスクの件名
    • タスク本文
    • メモ本文
    • コール本文
    • Eメールの件名
    • ミーティング本文
  • タイムラインで個々のアクティビティでアクションを実行します。アクティビティの上にカーソルを置いて、アクティビティの関連付けを編集し、アクティビティの詳細を編集し、詳細を表示する、またはアクティビティを削除します。records-interact-with-a-logged-activity
  • アクティビティによっては、コメントのピン留めEメールスレッドへの返信コメントの追加などの他のアクションを実行できます。ピン留め

関連付けられているレコードと追加ツール

右側のパネルで、レコードに関連付けられている他のレコードとツールを表示します。これらの関連付けは、各レコードタイプのセクション([取引]など)の下に表示されます。レコードを別のレコードに関連付けるには、次の手順を実行します。

  • 関連レコードタイプセクションで、[レコード]を追加]をクリックします。
  • ダイアログボックスで、[名前で検索]フィールドにレコードの名前を入力し、関連付けるレコードの横にあるチェックボックスを選択します。
  • [完了]をクリックします。record-left-panel-associations

またHubSpotではオブジェクトと他のツールとの関連付けも確認できます。これらのセクションには次のものがあります。

中央のパネルを表示するためのスペースが必要な場合は、パネル上部にある lastのアイコンをクリックして右側のパネルを折りたたみます。パネルをもう一度展開するには、firstのアイコンをクリックします。

/jp/contacts/a-guide-to-using-records