お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Workflows

ワークフローアクションを選択する

更新日時 4月 10, 2019

対象製品

Marketing Hub  Professional, Enterprise
Sales Hub  Professional, Enterprise
Service Hub  Professional, Enterprise

コンタクトベース会社ベース、取引ベース、チケットベース、または見積もりベースのワークフローを作成し、登録トリガーを設定したら、ワークフローのアクションを選択します。アクションは、ワークフローが登録オブジェクトに対して実行する機能です。

 

ワークフローにアクションを追加する

  • HubSpotアカウントにて、[自動化] > [ワークフロー]の順に進みます。
  • ワークフローの名前をクリックします。
  • プラスアイコン + をクリックします。

  • 右のパネルで、ワークフローに追加するアクションを選択し、そのアクションの詳細を設定します。
  • [保存] をクリックします。

 

すべてのワークフロー アクション

 

ワークフロー

[ワークフロー] の下のアクションは、ワークフローを通過するときの登録されたコンタクトの管理に役立ちます。

遅延を追加

前のアクションと次のアクション間の時間を設定します。遅延が追加されると、前のアクションまたはワークフロー登録(遅延に先立つアクションがない場合)に関連付けられます。ワークフローは、オブジェクトを次のアクションに移動する前に、遅延で指定された時間だけ待機します。

遅延期間を日数時間で設定します。 

注意: [日付を基準に実行] または [日付プロパティを基準に実行] のコンタクトベースのワークフローがある場合は、代わりに、遅延が選択された日付または日付プロパティに関連付けられます。コンタクトベースのワークフローでアクションを特定の日時に実行するようにスケジュールする方法を確認してください。

 

If/Then 分岐を追加

設定された条件に基づいて登録されたオブジェクトに特定のパスを辿るように指示します。ワークフローで分岐ロジックを使用する方法を確認してください。

この例では、会社オブジェクトの [業種] プロパティに [会計・経理] の値が設定されている場合は、そのオブジェクトが YES パスを辿ります。そうでない場合は、NO パスを辿ります。

 

別のワークフローに登録

現在のワークフロー内のオブジェクトを別のアクティブなワークフローに登録します。

注意: オブジェクトは同じタイプのワークフローにしか登録できません(たとえば、取引は取引ベースのワークフローにしか登録できません)。

 

ウェブフックをトリガー

外部アプリケーションに対するウェブフックをトリガーします。これにより、ワークフローがこの外部アプリケーションと通信できるようになります。たとえば、ウェブフックは、HubSpot 社の情報(JSON 形式の )を外部 CRM に送信できます。ウェブフックのトリガーに関する詳細を確認してください。

注意: このアクションは、Marketing Hub EnterpriseSales Hub Enterprise、および Service Hub Enterprise でのみ利用可能です。

 

内部のコミュニケーション

これらのアクションは、HubSpot ユーザーに対する警告に役立ちます。

内部 E メールを送信

会社ベース、取引ベース、チケットベース、または見積もりベースのワークフローで、内部 E メールを指定された E メールアドレスまたは会社所有者の E メールアドレスなどの E メールプロパティに送信します。

コンタクトベースのワークフローで、自動 E メールを指定された E メールアドレス、または、カスタムプロパティを含む E メールアドレスを格納するコンタクトプロパティに送信します。

 

内部 SMS を送信

テキストメッセージを HubSpot ユーザーまたは登録されたオブジェクトに指定された番号に送信します。

 

アプリ内通知を送信

アプリ内通知を指定されたチームまたはユーザーに送信します。通知は、HubSpot 通知センターに表示され、HubSpot アプリに通知として送信されます。コンタクトベースのワークフローでは、このアクションが [通知を送信] と呼ばれています。

 

外部のコミュニケーション

これらのアクションは、登録されたオブジェクトに関連付けられているコンタクトに対する警告に役立ちます。

E メールを送信

登録されたオブジェクトに関連付けられているコンタクトに自動マーケティング E メールを送信します。会社ベース、取引ベース、チケットベース、または見積もりベースのワークフローでは、[+ 新規 E メールを作成] をクリックすることにより、ワークフローツールを表示しながら、単純な自動 E メールを作成することができます。コンタクトベースのワークフローでは、[+ 新規 E メールを作成] をクリックして、E メールツールで新しい E メールを作成します。

 

統合

[統合] の下のアクションを使用すれば、HubSpot と統合された外部アプリケーションとデータをやり取りすることができます。HubSpot は、Slack 通知の送信などの特定の統合アクションをサポートしますが、統合パートナーがアプリケーションと相互作用するワークフローツールで使用する他の拡張機能アクションを作成できるようにもします。

このようなアクションを表示して使用できるようにするには:

  • 外部アプリケーションと HubSpot 間の統合が構築されている。
  • HubSpot アカウントが外部アプリケーションと統合されている。
  • このような拡張機能アクションが作成されている。

このようなアクションが統合パートナーによって開発されサポートされている場合は、統合パートナーのドキュメントでこれらのアクションの詳細を確認してください。

 

Slack 通知を送信

オブジェクトがアクションをトリガーしたときに、統合された Slack ワークスペースに Slack 通知を送信します。このアクションは HubSpot によってサポートされます。

 

譲渡

[オブジェクト] を所有者にローテーション

登録されたオブジェクトを選択されたチーム内または指定されたユーザー間で均等にユーザーに割り当てます。このアクションは、有料ユーザーとのみ互換性があります。コンタクトベースのワークフローでは、このアクションが [リードをローテーション] と呼ばれています。

 

作成する

これらのアクションは、トリガーされると、新しいオブジェクトを作成して、それを登録されオブジェクトに関連付けます。

取引を作成

登録されたオブジェクトによってトリガーされたときに新しい取引を作成します。ワークフローを使用した取引の作成に関する詳細を確認してください。

 

チケットを作成

登録されたオブジェクトによってトリガーされたときに新しいチケットを作成します。

 

タスクを作成

登録されたオブジェクトによってトリガーされたときに新しいタスクを作成します。

 

プロパティ管理

これらのアクションは、登録されたオブジェクトのプロパティを更新します。

 

プロパティ値を設定

オブジェクト自体のプロパティ値を設定するか、特定のプロパティタイプのプロパティ値を設定します。たとえば、登録された取引レコードに関連付けられたコンタクトを更新するように選択することができます。

別のタイプ(ワークフローが取引ベースの場合のコンタクトなど)のプロパティ値を設定する場合は、このアクションでそのタイプのすべての関連付けられたレコードが更新されます。

 

プロパティ値をコピー

登録されたオブジェクトのプロパティ値を同じオブジェクトの別のプロパティまたは別のオブジェクトタイプのプロパティにコピーします。たとえば、登録された会社の電話番号の値をすべての関連付けられた取引のカスタム単行テキストプロパティにコピーすることができます。プロパティ値をコピーするための互換性のあるソースプロパティとターゲットプロパティの詳細を確認してください。

プロパティを別のオブジェクトタイプのターゲットプロパティにコピーする(たとえば、会社ベースのワークフローで、会社プロパティを取引プロパティにコピーする)と、プロパティがそのオブジェクトタイプのすべての関連付けられたレコードにコピーされます(たとえば、登録された会社に関連付けられたすべての取引で取引プロパティが更新されます)。

 

プロパティ値をクリア

プロパティの値をクリアします。これは、登録されたオブジェクトのプロパティにすることも、別のオブジェクトタイプのプロパティにすることもできます。たとえば、登録された取引に関連付けられたすべてのコンタクトの [リードのステータス] プロパティの値をクリアすることができます。

別のタイプ(ワークフローが取引ベースの場合のコンタクトなど)のプロパティ値をクリアすると、そのタイプのすべての関連付けられたレコードのプロパティがクリアされます。

 

プロパティ値を増減

登録されたオブジェクトの数値タイププロパティの値を増減します。たとえば、すべての登録された会社のカスタム数値プロパティの [購入済み注文数] の値を増やすことができます。

 

コンタクトベースのワークフローで利用可能なその他のアクション

これらのアクションは、コンタクトベースのワークフローに固有のものであり、会社ベース、取引ベース、チケットベース、または見積もりベースのワークフローでは利用できません。

静的リストに追加

登録されたコンタクトを特定の静的リストに追加します。

 

静的リストから削除

登録されたコンタクトを特定の静的リストから削除します。

 

サブスクリプションステータスを管理

登録されたコンタクトのサブスクリプションステータスをカスタマイズします。特定のサブスクリプションタイプの新しいオプトステータス、コンタクトとコミュニケーションするための法的根拠、およびそのコミュニケーション同意の説明を選択できます。

 

Salesforce タスクを設定

登録されたコンタクトのカスタマイズされた Salesforce タスクを設定します。コンタクト所有者または統合ユーザーは、コンタクトが彼らに割り当てられ、ワークフローに登録されるたびに Salesforce でタスクを受け取ります。

 

Salesforce キャンペーンを設定

登録されたコンタクトの Salesforce キャンペーンを設定します。