お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Workflows

ワークフローの使い方

更新日時 2020年 10月 19日

対象製品

Marketing Hub  Professional, Enterprise
Sales Hub  Professional, Enterprise
Service Hub  Professional, Enterprise

ワークフローツールでは、マーケティング、セールス、サービスのプロセスを自動化できます。自動化できる社内プロセスとしては、さまざまな要素の条件に基づく営業チームへの通知や取引の割り当てや、リードの担当者の割り振りなどがあります。自動化できる社外プロセスとしては、Eメールマーケティングキャンペーンやリードナーチャリングなどがあります。

HubSpotの利用ユーザーによるワークフローの活用方法の例はコミュニティーで確認することができます。HubSpotアカデミーでは、リードナーチャリングのワークフローの作成講座など、ワークフローツールに関するレッスンやコースも提供しています。

注:作成できるワークフローのタイプは、HubSpotのご契約に応じて異なります。利用可能な自動化については製品・サービスカタログをご確認ください。

ワークフローの作成

ワークフローを作成する際には、以下の記事を手元に置いておくと役立ちます。

コンタクトベースのワークフロー

コンタクトベースのワークフローに関連した記事です。

会社、取引、見積もり、チケット、カスタムオブジェクトに基づくワークフロー

会社、取引、見積もり、およびチケットに基づくワークフローに関連した記事です。

関連記事

ワークフローのさらなる活用に役立つ記事です。

ワークフローを管理する

ワークフローのダッシュボードから、ワークフロー管理の基本をご覧ください。まず、[自動化]>[ワークフロー]の順に進んでください。

  • ワークフローを作成するには、右上の[ワークフローを作成]をクリックします。ワークフローの作成の詳細をご覧ください。
  • ワークフローを削除するには、ワークフローにマウスポインターを合わせ、[削除]をクリックします。ワークフローを一括削除するには、削除するワークフローの横にあるチェックボックスをオンにし、ヘッダー行にある[削除]をクリックします。
  • 削除済みのワークフローを復元するには、右上の[ワークフローの復元]をクリックします。削除済みワークフローの復元をご覧ください。
  • ワークフローをフォルダーに整理するには、次の手順に従います。
    • [フォルダーを作成]をクリックして、フォルダーを作成します。
    • フォルダーに移動するワークフローの横にあるチェックボックスをオンにし、[フォルダーに移動]をクリックします。move-workflow-to-folder
    • ダイアログボックスで[フォルダー名]ドロップダウンメニューからフォルダーを選択し、[保存]をクリックします。
    • フォルダーを編集するには、ワークフローダッシュボード内のフォルダーにカーソルを合わせます。フォルダーの名前を変更するには、[名前を変更]をクリックします。フォルダーを削除するには、[削除]をクリックします。

注:フォルダーを削除すると、そのフォルダー内のワークフローも削除されます。フォルダーは一括削除できません。

  • ワークフローの表示と編集を特定のチームにのみ許可するには、制限を設けるワークフローにポインターを合わせ、[その他]をクリックします。次に、[チームに割り当て]を選択します。選択したチームに含まれていないユーザーは、このワークフローの表示または編集ができなくなります。

    assign-workflow-to-team